読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mamaは陸マイラー★マイルで毎年ハワイ旅行

子どもが生まれても毎年ハワイに行きたい!この夢を叶えるべく陸マイラーに変身して早2年!ハワイどころかドイツやカナダなどの数々の海外旅行ができるようになりました★親子の旅の珍道中や、子連れ旅のポイント、またマイルで旅をする方法をのんきに書いていきます★

機内での赤ちゃん、幼児との過ごし方

ヤー︎!


ダチョウ倶楽部のような登場で
こんにちはです。


幼児やこども連れでの機内での不安を

少しでも解決したいあなたへf:id:mamamailer:20170218084259j:image


最初の難関はやはり
フライトですよねー

 

うちの娘は10ヶ月で飛行機デビューでしたが、やはり不安でとても緊張しました。

 

機内で

泣いたらどうしよう

体調崩したらどうしよう

授乳どうしよう

離乳食どうしよう

 

もうね、ドロドロ考えすぎてしまって

悩みは尽きません。

 

しまいには心配が過ぎて


飛行機落ちたらどうしよう

 

とまで悩む方もいます。
(ええ、私です)

 


飛行機落ちたらどうしよう、

車事故したらどうしよう、の悩みは

 

どうしようもありませんので、

車も飛行機も乗らないで下さい

としか言えませんが、


安心してください、

その他はだいたい解決可能ですよ

 

f:id:mamamailer:20170218084203j:image 

1、フライトで泣いたらどうしよう

 

これは、離陸して気圧で耳がキーンとなることでギャン泣きしてしまう可能性があります。

 

うちは、授乳時はミルクを飲ませながら、幼児はぺろぺろキャンディを食べさせて耳抜きをさせていました。

 

唾液や液体を飲み込む事で

耳はかなり楽になりますので

大人もアメを食べていると良いですよ!

 

あとは時間稼ぎに新しいおもちゃを
用意しましょう

 

 

2、体調崩したらどうしよう

 

搭乗前に体調崩したら、

勇気を持ってキャンセルを英断することも必要です。

 

搭乗後に体調を崩したら、

対処療法できるよう準備をしましょう。

 

具体的には熱冷まし、解熱剤、

病院でもらった薬、などです。

手荷物に入れておくのを忘れないようにしましょう!

 

睡眠薬を飲ませてます

って強者のお母さんもいましたが、

そこまでする必要はないのかなと思います。苦笑

 

 

3、授乳について

 

基本的にはケープで隠しながら席で授乳して構いません。

粉ミルクが飲めるならばフライト前にアテンダントさんにお湯を入れてもらい

離陸に備えましょう。

 

ミルクではなく母乳の場合

どうしても人目が気になる場合は、

アテンダントさんの待機場所を借りることができますが、

 

アテンダントさんにも男性がいるのであまり得策ではありません。

 

 


4、離乳食どうしよう

 

液体でも離乳食は持ち込める場合がありますので事前に空港に確認しましょう。

 

ちなみに航空会社によっては

離乳食を機内で用意してくれます。

(もちろんLCCは無理ですよ。)

 

アレルギーの有無を伝え、できれば飛行機予約時に離乳食の要否を伝えておきましょう。

最悪チェックイン時に伝えてみましょう。用意してくれるかもしれませんよ。

 

 

以上、少しでも不安の開始に繋がれば幸いです。

 

では、よいフライトを!


f:id:mamamailer:20170218084151j:image